OOKUWA BREAK.

オオクワブレイクにようこそ!オオクワネタで皆様と楽しいひとときを過ごせたらと思ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリードルームと温度管理

DSC00401-400.jpg

DSC00402-400.jpg

今日は我が家のブリードルームと温度管理についてご説明させていただきます。我が家はミサワホームの「蔵のある家」で数年前に建て替えております。

「蔵」とはフロアに段差を設けたり各階の階差を通常より大きくとって天井高を1400ミリにおさえた小部屋(収納空間)を作って「蔵」と称してます。税法上、天井高が1500以下で設置階フロアの1/2であれば床面積に換算されず、税法上優遇されるということです。

我が家には2階のフロアに約6畳の「蔵」が2部屋あってこの1部屋の大部分を使ってブリードルームにしています。勿論収納スペースとして使っていたのでブーイングが家族からありましたが何とか理解いただき使用しています。

ただ天井高が低いので腰と頭を下げ動きます。慣れるまではしんどい動きでした。ただまだ小さい娘たちにとっては基地みたいな感じで空間を楽しんで率先してゼリー交換とかお手伝いしてくれてます。結構助かってます・・・

本題の温度管理なんですが今月でほぼ1年経過しましたがエアコンを1年中運転させ温度管理をました。昨年3月にエアコン選定し購入したんですが、その時の選定理由が3つあります。

1つめは温度を設定すればその温度を目指し自動で外気と室温を感知し暖房と冷房を切り替え運転してくれる機能がある。要するに自動運転モードがあるということです。2つめは電気使用料をおさえた省エネ機器である。3つめは電気代の把握が出来るか。という3つのポイントで我が家のエアコンを選定しました。もちろん価格COMで名古屋の業者で購入しました。

1年間使用してほぼ我が家のエアコンについては把握できたつもりです。6月から10月までの暑い時期と12月から3月までの寒い時期はデシタル室温計のMAX/MIN標示で±1〜1.5℃くらいです。

エアコンが吹き出した瞬間にMAX/MINを計測しているようです。何気に室温計を確認した際はほぼ狙った室温を標示しています。ただ天井が低いのでエアコンの吹き出しは真下に吹き出すようにして直接吹き出した風が保管棚にあたらない工夫もしています。

気にしていた電気代なんですが夏場は月単位ですが8月に1200円、冬は3月が加温管理しているので1400円くらいでその他の月は500円から1000円くらいで冬場の方が電気代がかかっていたという結果でした。7月に500円を標示した時ははっきり言って目を疑いました。ただこの結果は部屋の容量と機器の能力でまた違ってくると思います。今のエアコンは一昔前と比較すると本当に少エネになりました。びっくりする感じです。

ただ今の時期、4月から5月、10月から11月の暑くも寒くもない時期は思うように可動してくれない日もあって苦労しています。

4月の中旬から暖房設定で24℃を狙って設定していたんですが、17日は暖かかったこともあってか26℃27℃から一向に室温がさがりませんでした。強制的に冷房で室温を落として23℃くらいからおまかせ自動モードで23℃〜24℃で調整して24℃〜25℃をデジタル温度計が表示するちょうどよい設定をして現状運転中です。デジタル室温計のMAX/MIN標示で±2.5℃くらいです。やっぱり設定値より室温が下がったときに温風を吹き出した瞬間に27℃台になっているようです。

ここまでご説明しましたので気になる実際の商品の方なんですが、東芝の「大清快 RAS-251PDR」となります。ただ後悔している点が1点あります。こんなに天井が低く容量のない部屋なので6畳タイプの221PDRにしておけばよかったと思っています。大は小を兼ねるということで安易に決めてしまいました。パワー有り過ぎという感じです。

もう一つの温度管理はこのブリードルーム内設置の冷し虫家です。エアコン管理内ですので±0.5〜0.7℃くらいで完璧です。もう少し容量があればと思ってます。

今後、温度管理の更なる向上を目指すといえばこの環境下で冷し虫家を増設するか、温室を製作して二重管理をしていくかどうかでしょうか。我が家では天井が低いのでピカ等のH1500ある温室は設置出来ない状況があります。

今直近で検討している方法は収納棚であるエレクター(スチール棚)ごと覆う保温用の透明カバーの制作です。前部にジッパー式の開放部を設けて出し入れをしていくという仕様で検討中です。ただ密室状態になって少しずつ温度が上昇していって温度が下がらなくなってしまうような気もするので、なかなか決断できない状況です。何かいい方法はないものでしょうか。

先輩ブリーダーの皆様が温度管理にご苦労されていることがひしひしと伝わった初ブリード1年でした。
今年は昨年の経験を生かし限られた条件の中で少しでも温度管理の質をあげていければと思っています。
  1. 2011/04/26(火) 00:00:00|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ご本家様作出! 川西産Gゴールド血統 54.0mm 緊急補強!! | ホーム | 蛹化発見>>

コメント

こんにちは。

1年中エアコン管理は羨ましいですね。
家は妻の許可が出ません。
今年の夏は暑くて、冷やし虫家の温度が下がらず結局冷やし虫家の中に、保冷剤を入れて対応しました。(冷え過ぎると冷やし虫家が温めるので、温度変化はあまりなかったです。)
冬場はどうにかなりますが、夏場の管理が問題ですね。今年も飼育数が増えて悩んでいます。
ちなみにお酒は飲めません(笑)
  1. 2011/04/26(火) 09:49:29 |
  2. URL |
  3. pax77777jp #-
  4. [ 編集 ]

温度管理

温度管理はそのブリードルームの環境により変わってきますね^^
大変です。
しかし、ここっていう所(扇風機の設置場所や、サーキュレイターなど)を見つけさえすればほぼ1年を通して温度をほぼ一定に保つことができるはずです。

その場所を探すのは難しい所でもありますが、空気の流れをつかめば簡単に最適な場所は見つかるのではと思います。

ぼくの部屋は窓がありますのできっちりとふさいでいます。遮光カーテンも使い年中真っ暗です。

空気の流れや湿度にも気は使いますね。

僕も、家族の理解もあり温度管理をさせてもらっていますのでありがたく思ってます^^

しかし子供はもう手伝ってくれません(泣)

しかしながら、ワイドさんの飼育技術はベテランクラスの粋に達しているのではと思います。
ワイドさんの熱意には圧倒されます^^

今年の羽化個体楽しみにしておりますよ!

PS:NAのメスとMRさんのペアリングが成功しましたのでセットが楽しみです^^
ありがとうございます^^
  1. 2011/04/26(火) 11:04:58 |
  2. URL |
  3. 虎壱 #bzb2jBZU
  4. [ 編集 ]

Re: こんにちは。

> paxさん

おはようございますワイドカウです。
確かにエアコンがきいた中に冷やし虫家がありますので温度は安定していました。

細かいことを気にしだすとよくないので、今のこの時期の温度変化は
仕方ないかなあと思ってます。菌糸ビンにキノコが生えてこないことと、種親メスが
動きが悪くなるような温度帯だけ避けたいなあと思ってます。

  1. 2011/04/30(土) 08:02:16 |
  2. URL |
  3. ワイドカウ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 温度管理

> 虎壱さん

おはようございます虎壱さん。我が家のブリードルームは窓もないし、
どこの壁も外壁との間にに空間があって完璧に外部とは遮断されていて
非常に恵まれている空間であるとは思います。
虎壱さんのご指摘のように空気の流れなんだろうと思います。
サーキュレイターは2台使用しておりますが天井高が低いので上部の設置場所が限られてくるんです。

今度見取り図をお送りしますので是非アドバイスをお願いいたします。
  1. 2011/04/30(土) 08:15:45 |
  2. URL |
  3. ワイドカウ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ookuwabreak.blog.fc2.com/tb.php/26-8375fe7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ワイドカウ

Author:ワイドカウ
大型のオオクワガタ作出を目指して格闘中です。

10代半ば1970年代にクワガタ採集に夢中になったもののオオクワガタは幻のクワガタでした。数年前の引っ越しを機にオオクワガタへの憧れが再燃しオクワガタのブリードをスタートいたしました。

末永く楽しんでいきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ

GUINNESS (5)
2017年ブリード奮闘記 (3)
2016年ブリード奮闘記 (4)
2015年ブリード奮闘記 (1)
2013年ブリード奮闘記 (2)
2012年ブリード奮闘記 (19)
2011ブリード奮闘記 (26)
2010ブリード奮闘記 (21)
菌糸ボトル関係 (2)
ブリードルーム (6)
種親紹介 (44)
2016年種親 (3)
2015年種親 (8)
2014年種親 (4)
2013年種親 (8)
2012年種親 (10)
2011年種親 (6)
2010年種親 (5)
飼育データー (5)
2010年 (2)
2011年 (1)
2012年 (1)
2016年 (1)
2014年 生体の余品 (1)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

OOKUWA BREAK.カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
22位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。