OOKUWA BREAK.

オオクワブレイクにようこそ!オオクワネタで皆様と楽しいひとときを過ごせたらと思ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新設しました!!冷やし虫家TF

こんばんはワイドカウです。我が家のブリードルームに冷やし虫家TFを新設しました。

ずっとどうするか検討していましたが、悩んだ結果画像のように横3倍体で組むことにしました。
画像では解りにくいかもしれませんが両サイドに機械ユニットを入れて両サイドから温度を調整していく万全な組み方です。

TFは高さがDXと比べ低くなりましたので2段で管理する方法がベストです。ただベストな置き台がなく一苦労した挙句のアイデアをご紹介いたします。

画像のように奥行のあるブックエンドを数本立ててその上に奥行300×幅600と幅450のメッシュパネルを載せて2段にする方法です。重なりがやだったんで角材で幅450のメッシュパネルを10ミリ程度上げてちょっとだけ段差をつけました。菌糸ビン自体の重さとメッシュパネルの特性上ずれたりもしないんですよ。1400ccボトルで35本前後管理出来る想定です。

現状この冷やし虫家に32グラム以上の幼虫を入れて、上段のDXは31℃設定で早期羽化♀を狙っています。TFはこの仕様でもう1本あると便利なんですが。
DSC06906-600.jpg

DSC06937-600.jpg

DSC06966-600.jpg

先日内寸を計測しましたのでお知らせいたします。W1010×D365×H365です。Wは左右の水受けでの間隔となります。機械ユニットの間隔ではW1025でしょうか。中の形状からDとHは360で見ておいた方が無難かもしれません。
以上参考にしてみてください。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/07(日) 23:59:59|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:18

能勢YG847系 Aライン種親♀51.4ミリ無事帰還

DSC01198-500.jpg

DSC01047-500.jpg

7月28日に3回目のセットも終わって無事に帰ってきました。
昨年のブリードでは24頭。今年は39頭という素晴らしい結果で沢山の子どもたちを残してくれたことになります。

ご存知のとおり今年の羽化で物凄い結果を出してくれてますので、来期も本当に期待したいところです。ちなみに娘が8頭羽化してきましたが、全員が母親よりデカく全て52UPです。新しい♀用のクリスタルハウスでゆっくり過ごしてもらいたいと思います。

さてこれからのネタはブリードルーム系のネタになります。今までは♀用飼育ケースはコバシャのミニを贅沢にも使用していました。今期からは来期用の♀種親の飼育ケースが増えますので省スペース化をはかる意味でも、何かコンパクトなもので質感のいいものがないか検討をしておりました。クリアボトルの800CC用ボトルでもいいんですが長く使用するには厳しいかと思い、オオクワキングさんで見つけたのがこの今回の写真のボトルです。ちなみに2011年♀種親はほぼ引越しは終わりました。

1000CCのガラスボトルに蓋を重ねるキャップに差し替えた商品です。このボトルであればボトルコンテナに16本並びますし、衛生的にも洗浄し易く、空気孔もメスが齧りづらいような感じです。擦り傷も付きにくい商品なんで長らく質感を保つのには都合のいい商品と思ってセレクトしました。また重ねるキャップのディティールの完成度が非常に高いと思います。このボトルに入ってくれる♀種親は選ばれた娘達なんで。

6日土曜日も最近お気に入りの吉祥寺帰りにオオクワキングさんに立ち寄りその場で携帯でカード決済をさせてもらって20本購入し、車のトランクに入れ持ち帰りました。いつもいきなりですいません川原さん・・・

DSC01221-500.jpg

DSC01223-500.jpg

DSC01211-500.jpg

DSC01212-500.jpg
  1. 2011/08/13(土) 08:00:00|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブリードルームと温度管理

DSC00401-400.jpg

DSC00402-400.jpg

今日は我が家のブリードルームと温度管理についてご説明させていただきます。我が家はミサワホームの「蔵のある家」で数年前に建て替えております。

「蔵」とはフロアに段差を設けたり各階の階差を通常より大きくとって天井高を1400ミリにおさえた小部屋(収納空間)を作って「蔵」と称してます。税法上、天井高が1500以下で設置階フロアの1/2であれば床面積に換算されず、税法上優遇されるということです。

我が家には2階のフロアに約6畳の「蔵」が2部屋あってこの1部屋の大部分を使ってブリードルームにしています。勿論収納スペースとして使っていたのでブーイングが家族からありましたが何とか理解いただき使用しています。

ただ天井高が低いので腰と頭を下げ動きます。慣れるまではしんどい動きでした。ただまだ小さい娘たちにとっては基地みたいな感じで空間を楽しんで率先してゼリー交換とかお手伝いしてくれてます。結構助かってます・・・

本題の温度管理なんですが今月でほぼ1年経過しましたがエアコンを1年中運転させ温度管理をました。昨年3月にエアコン選定し購入したんですが、その時の選定理由が3つあります。

1つめは温度を設定すればその温度を目指し自動で外気と室温を感知し暖房と冷房を切り替え運転してくれる機能がある。要するに自動運転モードがあるということです。2つめは電気使用料をおさえた省エネ機器である。3つめは電気代の把握が出来るか。という3つのポイントで我が家のエアコンを選定しました。もちろん価格COMで名古屋の業者で購入しました。

1年間使用してほぼ我が家のエアコンについては把握できたつもりです。6月から10月までの暑い時期と12月から3月までの寒い時期はデシタル室温計のMAX/MIN標示で±1〜1.5℃くらいです。

エアコンが吹き出した瞬間にMAX/MINを計測しているようです。何気に室温計を確認した際はほぼ狙った室温を標示しています。ただ天井が低いのでエアコンの吹き出しは真下に吹き出すようにして直接吹き出した風が保管棚にあたらない工夫もしています。

気にしていた電気代なんですが夏場は月単位ですが8月に1200円、冬は3月が加温管理しているので1400円くらいでその他の月は500円から1000円くらいで冬場の方が電気代がかかっていたという結果でした。7月に500円を標示した時ははっきり言って目を疑いました。ただこの結果は部屋の容量と機器の能力でまた違ってくると思います。今のエアコンは一昔前と比較すると本当に少エネになりました。びっくりする感じです。

ただ今の時期、4月から5月、10月から11月の暑くも寒くもない時期は思うように可動してくれない日もあって苦労しています。

4月の中旬から暖房設定で24℃を狙って設定していたんですが、17日は暖かかったこともあってか26℃27℃から一向に室温がさがりませんでした。強制的に冷房で室温を落として23℃くらいからおまかせ自動モードで23℃〜24℃で調整して24℃〜25℃をデジタル温度計が表示するちょうどよい設定をして現状運転中です。デジタル室温計のMAX/MIN標示で±2.5℃くらいです。やっぱり設定値より室温が下がったときに温風を吹き出した瞬間に27℃台になっているようです。

ここまでご説明しましたので気になる実際の商品の方なんですが、東芝の「大清快 RAS-251PDR」となります。ただ後悔している点が1点あります。こんなに天井が低く容量のない部屋なので6畳タイプの221PDRにしておけばよかったと思っています。大は小を兼ねるということで安易に決めてしまいました。パワー有り過ぎという感じです。

もう一つの温度管理はこのブリードルーム内設置の冷し虫家です。エアコン管理内ですので±0.5〜0.7℃くらいで完璧です。もう少し容量があればと思ってます。

今後、温度管理の更なる向上を目指すといえばこの環境下で冷し虫家を増設するか、温室を製作して二重管理をしていくかどうかでしょうか。我が家では天井が低いのでピカ等のH1500ある温室は設置出来ない状況があります。

今直近で検討している方法は収納棚であるエレクター(スチール棚)ごと覆う保温用の透明カバーの制作です。前部にジッパー式の開放部を設けて出し入れをしていくという仕様で検討中です。ただ密室状態になって少しずつ温度が上昇していって温度が下がらなくなってしまうような気もするので、なかなか決断できない状況です。何かいい方法はないものでしょうか。

先輩ブリーダーの皆様が温度管理にご苦労されていることがひしひしと伝わった初ブリード1年でした。
今年は昨年の経験を生かし限られた条件の中で少しでも温度管理の質をあげていければと思っています。
  1. 2011/04/26(火) 00:00:00|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東北関東大震災

東北関東大震災で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
震災から1週間が経過いたしました。状況は好転の兆しをまだ見せておりませんが、皆様ならびにご家族の皆様がご無事で毎日を過ごされている事をお祈り申し上げます。

我が家のブリードルームもかなり揺れたようですが、メタルラックからの落下も上段に積んだ暴れよう予備ボトル
のみの落下で幼虫の入ったボトルの被害はなくホットしている状況です。

ブログも2月末から音信不通状態でしたが、また定期的にご報告していきたいと思っています。2010年ブリードもあと二ヶ月、何とか無事に羽化まで持っていけることを願う毎日です。
  1. 2011/03/19(土) 09:20:09|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

檜餌皿をコバシャミニにセットしてみました。

IMG_2472-400.jpg

♀用飼育ケースコバシャミニに届いた餌皿をセットしてみました。サイズ的にピッタリです。
  1. 2011/02/27(日) 19:26:13|
  2. ブリードルーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ワイドカウ

Author:ワイドカウ
大型のオオクワガタ作出を目指して格闘中です。

10代半ば1970年代にクワガタ採集に夢中になったもののオオクワガタは幻のクワガタでした。数年前の引っ越しを機にオオクワガタへの憧れが再燃しオクワガタのブリードをスタートいたしました。

末永く楽しんでいきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ

GUINNESS (5)
2017年ブリード奮闘記 (3)
2016年ブリード奮闘記 (4)
2015年ブリード奮闘記 (1)
2013年ブリード奮闘記 (2)
2012年ブリード奮闘記 (19)
2011ブリード奮闘記 (26)
2010ブリード奮闘記 (21)
菌糸ボトル関係 (2)
ブリードルーム (6)
種親紹介 (44)
2016年種親 (3)
2015年種親 (8)
2014年種親 (4)
2013年種親 (8)
2012年種親 (10)
2011年種親 (6)
2010年種親 (5)
飼育データー (5)
2010年 (2)
2011年 (1)
2012年 (1)
2016年 (1)
2014年 生体の余品 (1)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

OOKUWA BREAK.カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
26位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。