OOKUWA BREAK.

オオクワブレイクにようこそ!オオクワネタで皆様と楽しいひとときを過ごせたらと思ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年6月17日 羽化レポートその7  YG847系Aライン 37グラム幼虫

お蔵入りになっていたレポートをやっとお披露目出来る時期になりました。

遂に堀だしの日(6月17日)がきました。羽化後20日間熟成させました。ボトルはこんな感じです。
DSC00674-400.jpg

今日の堀だしは慎重に堀だすためにこのスプーンを使うことにしました。
DSC00676-400.jpg

まずは大きいスプーンで蛹室天井部分の菌糸を剥ぎ取り小さいスプーンも使って顎側の天井に大きい穴を開けました。ちょっと顎の先が見えてきました。
DSC00679-400.jpg

大きめに開けた穴を小さいスプーンで徐々に大きくしていきます。蛹室に菌糸が多少落ちながらやっと個体の頭が見えてきました。
DSC00680-400.jpg

DSC00681-400.jpg

DSC00683-400.jpg

胴まで露出してきました。
DSC00684-400.jpg

DSC00685-400.jpg

急に動きだし個体の全貌が見えました。不全はないようです。サイズはどうでしょう?なんだかシャープな感じです。
DSC00686-400.jpg

ボトルを逆さにして左手で個体を受け止め、ボトルから脱出させました。待ち構えていたマサレッドさんから譲っていただきましたYG845とサイズ感を比較する為ツーショット。右が37グラム個体です。多分85ミリは越えています!!
DSC00687-400.jpg

DSC00688-400.jpg

完品です!デカイ!2012年種親決定です!!
スポンサーサイト
  1. 2011/10/14(金) 00:00:00|
  2. 2010ブリード奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽化レポートその14  YG847系Bライン 25グラム&30グラム幼虫

今日はYGBラインから79ミリの個体を2頭ご紹介いたします。

まずは顎が直線的に長く伸びたYGBライン79.4ミリ個体です。どの個体共通ですが綺麗な美形の個体です。昨年の年末3本目への交換時には28グラムだったんですが、3月31日暴れてしまって25グラムにサイズを落としてからの蛹化、羽化個体です。78ミリ前半での羽化かなあと思ったんですが何とか79ミリをキープしてくれました。
シャープな形状は私好みです!!

DSC01251-500.jpg

b13飼育データー



同腹の同じく79.4ミリ個体です。上の個体とは一線を画した形状です。3本目交換時30グラムの幼虫からの羽化個体で、サイズが重かった分横幅がついた感じです。卵のようなお肌はこの血統の特徴です。この形状の個体が82ミリ直仔では1番多いかもしれません。インラインからの羽化個体は綺麗な個体が一般的にも多いんでしょうか?今年のブリードはアウトブリードが多いんで来期の結果が非常に興味深く、今からワクワクしています。

DSC01238-500.jpg

b-23飼育データー
  1. 2011/08/16(火) 12:00:00|
  2. 2010ブリード奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽化レポートその13  YG847系Cライン 27グラム幼虫

今日は遅い時間に更新させていただきました。

YGCライン27グラムの幼虫からの80UP個体をご紹介いたします。全長が80.2ミリ、頭幅27.8ミリとなり非常にバランスのとれた個体で羽化してくれました。他の個体同様、綺麗でディンプルの少ない個体です。Aラインの852個体系の形でしょうか。

80ミリ台では一番還元率がよかった個体となります。

DSC01012-500.jpg

YGC802飼育表

  1. 2011/08/04(木) 22:00:00|
  2. 2010ブリード奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

羽化レポートその12  YG847系Cライン 33グラム幼虫

DSC00990-500.jpg

DSC00981-500.jpg

YGC-33’02飼育データー

今日はYGCラインの2頭目の33グラム幼虫から羽化した個体をご紹介いたします。サイズは83.3ミリで頭幅28.1ミリのバランスがとれたとっても綺麗な個体で羽化してくれました。以前に紹介させていただいた同腹の83ミリ個体より全体的に幅があり重量感が出てきています。

種親82ミリとは一線を画した形状ですが、ディンプルがない美肌は種親82ミリを見事に継承しています。

※31日19時前に撮影しました。もちろんフラッシュは焚いてません。
  1. 2011/08/01(月) 00:00:00|
  2. 2010ブリード奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

羽化レポートその11  YG847系Bライン 33グラム幼虫

DSC00941-500.jpg

DSC00936-500.jpg

DSC00945-500.jpg

YGB-838飼育データー

今日は同じようなアングルでちょっとだけ違う表情の3枚をUPしてみました。撮影は今コンパクトデジカメでとっても評価の高いSONYのサイバーショットです。どうでしょうか?

この個体はAライン85UP以外自己ブリード個体で一番お気に入りの仔です。サイズは83.8ミリ、頭幅も28.4ミリあるとってもバランスがとれた個体です。85UP個体に見慣れてしまっても83ミリを超えるとやっぱり重量感は感じられ色気も出てきます。

羽化は6月前半でしたのでやっとお披露目できた感じです。

ブリード元年の合格点があるとすれば、この個体で満点をいただける個体かなあと思ってます。仮に来期の種親として3♀くらいでブリードすればA、Cラインと同じ♂親82ミリの血を継いでいるので85ミリ後半は充分狙える個体になることを思うと…本当に頭を悩ます個体となります。

また6月20日に羽化報告させていただきましたCライン個体もジャスト83ミリくらいで固まりました。次回はこの個体の兄貴分にあたる個体をご紹介させていただきたいと思います。

それでは羽化個体の画像をもう一度お楽しみくださいませ。
  1. 2011/07/24(日) 11:11:11|
  2. 2010ブリード奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ワイドカウ

Author:ワイドカウ
大型のオオクワガタ作出を目指して格闘中です。

10代半ば1970年代にクワガタ採集に夢中になったもののオオクワガタは幻のクワガタでした。数年前の引っ越しを機にオオクワガタへの憧れが再燃しオクワガタのブリードをスタートいたしました。

末永く楽しんでいきたいと思ってますのでどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ

GUINNESS (5)
2017年ブリード奮闘記 (3)
2016年ブリード奮闘記 (4)
2015年ブリード奮闘記 (1)
2013年ブリード奮闘記 (2)
2012年ブリード奮闘記 (19)
2011ブリード奮闘記 (26)
2010ブリード奮闘記 (21)
菌糸ボトル関係 (2)
ブリードルーム (6)
種親紹介 (44)
2016年種親 (3)
2015年種親 (8)
2014年種親 (4)
2013年種親 (8)
2012年種親 (10)
2011年種親 (6)
2010年種親 (5)
飼育データー (5)
2010年 (2)
2011年 (1)
2012年 (1)
2016年 (1)
2014年 生体の余品 (1)
未分類 (2)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

OOKUWA BREAK.カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
昆虫
26位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。